スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本のし

蕎麦をのすときになるべく幅を出していくように何度も書きましたが、これをすることによって本のしの作業がずいぶんと楽になります。時間の短縮になるのです。そして包丁で切る長さも短くなります。

一番気を使う作業の本のしが少なくするのがポイントです。仕込みで打つ蕎麦は、幅がだいたい120センチを目安にしています。

6月の手打ち蕎麦教室は、6月9日、16日、23日です。皆さんのご参加をお待ちしています。
スポンサーサイト

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【本のし】

蕎麦をのすときになるべく幅を出していくように何度も書きましたが、これをすることによって本のしの作業がずいぶんと楽になります。時間の短縮になるのです。そして包丁で

コメント

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

sobaMaster

Author:sobaMaster
手打ち蕎麦 本格焼酎と地酒
五反田・昭月庵です

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
グルメ
2317位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レストラン/飲食店
786位
アクセスランキングを見る>>
ブログ内検索
リンク
ご来店ありがとうございます


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。