スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蕎麦づくり名人への道

手打ち蕎麦教室の生徒さんの有志と群馬県甘楽町へ蕎麦を植えに行ってきました。
標高700メートルの蕎麦畑は、日差しはあるけれど風が涼しく農作業にはまずまずの天候でした。かなり急な斜面に畑があり、畑の端から端まででも2メートルぐらいの高低差があります。そんな段々畑を石垣で支えているので地元では”ちぃじがき(小さい石垣)”と呼びます。

畑
白いロープの手前二区画がわれわれ五反田やっつけ蕎麦の畑です。左奥に石垣が見えます。写真で見ると狭いですがいざ農作業となると広いんです。

まずは、雑草取り。 
事前に掘り起こしてくれていたとはいえ結構根の張った雑草があります。コレをとることからはじめます。慣れない作業と斜面に苦労しながら雑草を取ります。取った草を畑の端っこに持っていくだけでも一苦労。涼しいとはいえ徐々に汗がにじんできます。

草取り


しかし、まだまだ作業は続きます。大変なのはこれから。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

sobaMaster

Author:sobaMaster
手打ち蕎麦 本格焼酎と地酒
五反田・昭月庵です

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
グルメ
2506位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レストラン/飲食店
830位
アクセスランキングを見る>>
ブログ内検索
リンク
ご来店ありがとうございます


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。