スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

加水の違い

先日土曜日は今月一回目の手打ち蕎麦教室でした。

ベテランの生徒さんには、加水を一気にしてしまうようお教えしました。言われたとおりにするだけで、どうしてそんなことをするのかわからなかったようでした。角のある蕎麦が打てる、といってもピンとこない様子でした。はかりで正確に水の量を量っているのにも首をかしげていました。

そこで今回は試食の際に分割加水(こんな言葉があるのでしょうか?)をした蕎麦と一気加水の蕎麦を食べ比べていただきました。
見るからに違う蕎麦の姿にびっくりし、食べた食感の違いに驚いていました。
角の立った蕎麦は、水切れが良く非常に美味しいのです。

水回し三年、とはよく言ったもので蕎麦打ちの作業の中で一番奥が深いのです。


ちなみに昭月庵の蕎麦は、いますべて一気加水で打っています。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

sobaMaster

Author:sobaMaster
手打ち蕎麦 本格焼酎と地酒
五反田・昭月庵です

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
グルメ
2196位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レストラン/飲食店
734位
アクセスランキングを見る>>
ブログ内検索
リンク
ご来店ありがとうございます


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。